2ボールハンドリング(ドリブル)練習

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

ハンドリング、ドリブル練習でも

2つのボールを使って取り組むメニューをご紹介します。

 

小中学生は技術はもちろんのことですが

コーディネーション能力を向上させることが非常に重要だと

日本バスケットボール協会も仰っています。

 

 

コーディネーション練習をすることで

怪我をしにくくなったり、

技術を早く覚え、上手くできたり、

技術をいつでも確実に発揮できるようになります。

 

バスケを始めたばかりでも、

グングン上達する子がいますよね?

 

コーディネーション能力は

リアクション(反応する能力)

ディファレンシング(力の強弱や変化をつける能力)

カップリング(複数の技術や動きを同時にする能力)

アダプタビリティ(状況に適応する能力)

バランス(体のバランスを保つ能力)

リズム(流れに沿う、変える、反して動く能力)

オリエンテーション(位置関係を把握する能力)

以上の7つの能力が連動したものです。

 

2ボールドリブルでは

左右、同じ動きをしたり違う動きをしたり、

ドリブルに強弱をつけたりと、

ディファレンシング、カップリングの能力を鍛えることができますね。

 

ダイアモンドバスケットボールスクールでも

このドリルを取り入れております。

↓  ↓  ↓

体験スクール随時募集中です!

http://www.basketball-pp.or.jp/school