地域のバスケを応援!

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

先日、大東市の四条体育館にて

私たちダイアモンドバスケットボールスクールが主催となり

大東市バスケットボール技術強化クリニックを実施致しました。

 

今回で第2回目となる開催で、

大東市バスケットボール連盟を通じてお知らせをして頂いたり

地域のミニバスチームのコーチの方々に協力して頂いて

たくさんの選手が集まってくれました!

2部制に分けた後半は

あいにく、中学生は試合と重なってあまり参加できなかったのですが・・

計4時間を通して、たくさん練習しました。

大東市はミニバスがあまり盛んな地域ではありません。

私たちのバスケットボールスクールは

この大東市で活動をスタートさせました。

 

週1回ペースで活動しているようなクラブは多く、

バスケが好きな子供はとても多いように感じます。

また、親御さんもバスケに熱い方が多いです。

 

スクール活動をはじめてから3年間で

大東市もミニバス大会が開催されるまでに変わってきたのは事実。

少しずつ盛り上がってきていることを感じます。

 

そんな地域に、私たちも少しでも貢献していけたら・・

と思っております。

参加してくれた選手たちに

「基礎」って何ですか?と聞くと

「ドリブル!」「パス!」「シュート!」「パワーポジション!」

ちゃんと答えを出せた人はいなかったですね。ww

 

基礎、基礎って言われるけど、

キソってナニ?って深く考えることってあまり無いと思います。

 

辞書だと

基礎=「土台」

それをより所として物事を成り立たせる、おおもと。

と書かれています。

 

じゃあ、バスケットボールの基礎ってなんだろう?

 

私は、

基礎は人それぞれで良いのではないかと思います。

 

簡単なレイアップシュートだって

難しいレイアップシュートだって

それがちゃんとできる人にとっては、

それはその人にとっての「基礎」ですからね。

 

ただ、その基礎=土台の高さを

どれだけ高く積めるか?というところが

選手として、そして人間としての「厚み」を生むのだと思います。

 

NBA選手だって、B.LEAGUEの選手だって

毎日、基礎練習をしているはずです。

 

基礎練習は、終わらないんですね。

それが大事なのは誰もが知っている。

 

当日は、選手のみんなには

「高層ビル」と「ドラクエ」の話で例えました。(笑)

 

どれだけの選手が理解して

どれだけの選手が素直に誠実に頑張ってくれるかわかりませんが

とにかく、「楽しみながら」取組んでくれたらと思っています。

 

大東市だけではなく

スクールを実施している地域や、それ以外の地域でも

このような活動をしていきたいと思っています。

 

もし宜しければ、お誘い下さい。

 

【お問合せ】

一般社団法人バスケットボール推進会

ダイアモンドバスケットボールスクール

[MAIL]

info@basketball-pp.or.jp

 

それでは今日は、このへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください