夢を叶えた人たち

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

今熱いスポーツと言えば、

サッカーワールドカップロシア大会ですね。

昨日の試合で予選がすべて終わり、

日本代表は最後は運良く、決勝トーナメントに進出しました。

 

決勝トーナメントの初戦は、

予選全勝、FIFAランキング3位のベルギーです。

日本は61位。かなりの格差がある対決ですが

好ゲームを期待したいと思います。

 

さて、

日本がワールドカップに出場できるようになってから

6大会連続、出場記録を伸ばしています。

4年に1度の開催ですので、24年間というわけですね。

 

テレビ中継では試合中に何度か、

「~選手はワールドカップに出場するのが子供の頃からの夢だったそうです」

というコメントを耳にします。

 

現在、日本代表の選手として活躍しているメンバーは、20代~30代がメイン。

子どもの頃に、

「日本代表のユニフォームを着て、ワールドカップに出場したい。」

 

そういった夢を持つことができた選手たちです。

 

子供の頃に思い描いた夢を

このワールドカップに出場することで叶えた選手たち。

 

どんな気持ちなんでしょうか?

 

あなたは、夢を思い描いたことがありますか?

 

その夢は、叶いましたか?

 

夢というのは、

寝ている時にみるそれも「夢」というように

現実にするには程遠く

ほとんどの人が叶えることができないものだと思います。

 

何かと理由を付けてどこかで夢をあきらめたり、

元々なかったことにしたり。

 

夢を叶えられる人と、叶えられない人がいる中で

目の前で叶えた人たちをみていると

それだけで元気をもらえるような気がします。

 

試合の結果云々で熱くなるサポーター。

もちろん私もその一人ではあるのですが

 

想い描いた夢を掴みとって

その上で覚悟を決めて、国を代表して戦っているわけだから

最後、結果がどうであっても

心のそこから讃えるべきだと思います。

 

その舞台に立つこと自体、

選手ひとりひとりには「夢」であったこと

夢を叶えることを、身をもって証明して

子どもたちにまた夢を与えてくれている選手たちに

 

私はいちサポーターとして感謝したいと思います。

 

夢を持つことは自由です。叶えるのも、叶えないのも自由。

でも夢を持つと、一生懸命になれると思います。

 

子どもたちにも

「夢」や「目標」をもって

自主性をもって日々を過ごしてもらいたいですね。

 

それでは今日はこのへんで。

 


大阪府内で7校を開催中!

ダイアモンドバスケットボールスクール

↓  ↓  ↓

http://www.basketball-pp.or.jp/school

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください