イチロー選手から子どもたちへのメッセージ

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

先日、イチロー選手が現役引退を発表し、

会見をひらきましたね。

 

Youtubeなどでも上がっているので

見逃した方も容易に確認できるかと思います。

イチロー選手と言えば

「世界に誇るレジェンド」

 

驚きの活躍を続ける中で、数々の名言も残しています。

 


努力せずに何かできるようになる人のことを

 「天才」というのなら、僕はそうじゃない。

 努力した結果、何かができるようになる人のことを

 「天才」というのなら、僕はそうだと思う。

 人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。』

 


夢を掴むことというのは一気には出来ません。

 小さなことを積み重ねることで

 いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。

 


結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。

 決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

 

夢を叶えるため、目標を達成するために

本当に大切なことを伝えてくれています。

 

そして

引退会見では子どもたちへ

以下のメッセージを贈ってくれています。

 

『自分に向くか向かないかではなく、自分が好きなもので、エネルギーを注げるものをみつけよう。

それが見つからないと、「壁」が出てきたときに諦めてしまう。見つかっていれば、乗り越えられるエネルギーを注げる。』

 

イチロー選手が現役時代に貫いたことは

「野球を愛すること」

 

すぐに上手くなる選手とそうでない選手がいますが

自分が後者であるとついつい

「自分には向いていないんじゃないか・・」

「もっと自分に合う競技があるんじゃないか」

 

など考えてしまいます。

その気持ちはとてもわかります。

 

ただ、その考え方は「逃げ道」を探しているにすぎません。

 

壁にぶつかった時、苦しい時は

それが好きかどうか?

そして、それにエネルギーを注げるか、情熱を注げるかどうか。

 

上手い下手は関係ないということですね。

 

常にエネルギーを注いで

小さなことを積み上げていけばいつか、

今は上手くいかなくても、

誰も手の届かない場所までたどり着くことができる。

 

そういうことだと思います。

 

子どもたちへのメッセージであり

すべての・・全人類へのメッセージである気がしています。

 

イチロー選手、本当にお疲れ様でした。

 

それでは、今日はこのへんで。

 

バスケットボールを、遊びつくそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください