チャンスは、ピンチの顔をしてやってくる

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

ここ数日間、コロナウィルスの影響で学校が休校、

各自治体が管理する施設は休館、自粛。

私たちとしても早急に対応しないとならないことが多く、

非常に大変な状況が続いています。

 

耐え時というよりは、いつまで続くのかわからないこの状況。

もはや、ずっと続くものだと考えて先手先手で行動する必要があると思います。

 

自らを奮い立たせる意味で、ブログを綴らせて頂きます。

 

大きな壁が目の前に立ちはだかった時、

人はその壁を、壁だと思って引き返すのか

それとも大きな山だと思ってよじ登るのか。

 

考え方によって行動が変わると思います。

 

大変だ、大変だ、

そう嘆いているのではなく、

「大きく変わる」から大変なんだということ。

 

今できることに集中すること。

 

今の状況は、いくらそれを嘆いたところで変わらない。

 

自分が変わる、これをきっかけに良い方向に変える。

 

「チャンスは、ピンチの顔をしてやってくる」

 

 

とにかく元気に、

こんな時こそバカみたいに

 

邁進して参ります。

 

一般社団法人バスケットボール推進会

代表理事 山口貴久

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください