やっぱりバスケットボール選手の身体能力って凄いんだと思う。

こんにちは!

バスケットボール推進会です!

 

今日はこんな興味深い記事を見つけました。

「アスリートの身体能力適合ランク」

http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20140806/219085.html

 

内容にある通り

各選手が活躍しているそれぞれの競技において、

どれだけ身体能力が適合しているかをテーマとし、

4項目(強さ、スピード、持久力、機動力)

それぞれ10点満点で採点した

ランキング、ベスト50。

 

記事の内容はサッカーキングさんのものなので

クリスティアーノ・ロナウドが2位にランクインしたという記事ですが、

その1位は

 

そう、

レブロン・ジェームズなんです。

AA7L2V4[1]

 

NBA史上最強(最高)の選手との呼び声高い

現在31歳のキングレブロン。

 

208㎝の巨体にして

垂直跳びは実に126㎝。

ゴリラかと思うような太い腕。

 

んで、ゴリラのような顔。(笑)

 

ランキングは様々な競技のアスリートがランクインしていますが

総合得点を満点で1位なんですね。

 

バスケットボール選手の次にランクインしたのが

サージ・イバカなので

少しそこは(?)があったのですが

 

やはりバスケットボールという競技は

強さ、スピード、持久力、機動力という

身体能力にまつわる項目を

バランス良くトレーニングする必要があり

それができている選手ほど一流であるということが言えます。

 

お子様になにかスポーツをやらせたいと考えている親御様。

バスケットボールはオススメスポーツなんです。

 

バスケットボールができれば

他のスポーツは大体、対応できると良く言われます。

 

逆に言えば

それ程までにハードで、難しいのかもしれませんが。(汗)

 

それでは今日はこのへんで。