大東市民体育館にて

こんにちは!

バスケットボール推進会です!

 

昨日は、大東市で開催されている

中学生の大会を大東市民体育館へ観に行きました。

スクールの保護者様にご案内を頂き、

また住道中学校の顧問、廣瀬先生にもご案内頂きました。

ありがとうございます!

IMG_8930

大東市のジュニアバスケのレベルは

他の地域よりもやはり低い。

おそらくどの先生もそう感じていて、

たくさんの課題を感じておられるようです。

 

練習時間が限られているのもあるのですが

やはりミニバスがあまりないこと。

中学校に入って初めてバスケットボールをするとなると、

レイアップシュートさえできない状態から教えなければなりません。

 

チームとしては3年生や2年生を主体に

短い時間でチームを完成させなければならないため

基礎練習に費やす時間が少ない。

特に1年生に割く時間があまりない。

 

中学校に上がった時にレイアップだけでもできれば全然違う。

そう仰っていました。

 

そのような課題を抱えている先生、チーム、選手のためにも

私たちのようなスクールはやはり地域に必要不可欠で

もっともっと多くの選手を受け入れること、

1からでも丁寧に技術を教えること。

 

これを、学校と連携できたら

大東市のバスケットボールはこれからどんどん良くなると感じます。

 

各学校の先生、コーチの課題をもっともっとヒアリングして

日々の練習に活かしていきたいと思います。