大成小学校体育館での練習試合に参加させて頂きました!

こんにちは!

バスケットボール推進会です。
昨日は大阪市立大成小学校の体育館にお邪魔させて頂き、

当スクール生とそこで活動する中学生チームとの

練習試合をさせて頂きました。

IMG_6538 IMG_3247
クラス分けをした後、初めての大阪市内での練習試合に

参加メンバーはやや緊張気味でしたが。
中学1年生は進学して初めての試合。
たくさんの課題がみつかったことでしょう!
結果は全敗。

でも勝ち負けは何も問題ではありません。
終わった後のミーティングで

それぞれの課題をおさらいして、

コーチが感じたことを伝えさせて頂きました。
それは、昨日初めて言った事ではない

今できることを一生懸命にやれたか?ということ。
技術云々、体格云々は

中学校1年生が上の学年の子供たちに挑んだ話、

これから何とでもなる。
でも、

チームで声をかけあったり、

騒がしいコートでもコミュニケーションが取れるように

大きな声でしゃべったり、

ルーズボールを一生懸命追いかけたり

そういうのは年齢に関係なく、今できることだと思います。
コミュニケーションと言っても

戦術、フォーメーションをやっているわけではないので

専門的な会話ができることは何も求めていなく、

ただ単に

「ナイスシュート!」とか、

「ドンマイ!」とか、

「リバウンド!」とか、

「ディフェンス!」とか、

「ナンバーコール」とか、

「走れ!」とか、
そういうのが当たり前のように声が出てくると

セレクションでも

同じ技術を持った者同士だったら

もちろん声が自然と出ている選手がピックアップされるし

そういう選手は自然と、技術面での成長も早い。

何よりバスケットボールが楽しい。
ということを伝えさせて頂きました。
当スクールのD-1クラス(中学生メインのクラス)に

小学生で入った選手は、

そこがみんなよりも少しだけ優れています。
もちろん身体能力や技術もテストされたのですが

上に述べた部分に重点を置いて判断しました。
どの環境に行っても

たくさんアピールできる選手を

出来るだけたくさん育てたいですね!
「元気があれば、何でもできる!」
誰かが言っていました。(笑)
それでは今日は、このへんで。