ウォリアーズ vs グリズリーズ 新記録達成まであと1勝!

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

NBAもプレーオフ目前に迫り

今最も注目なのは言わずもがな、

ウォリアーズの歴史的記録についてでしょう!

img_61d39601962beddc377cbc40f6a6e3b5282300

マイケルジョーダン率いるブルズが成し遂げた

シーズン72勝10敗の記録に

ステファンカリー率いるウォリアーズが

現在72勝9敗という数字で

最終戦のグリズリーズ戦を、日本時間の今日(14日)に控える。

 

とんでもない記録。

NBAでこの勝率をあげるなんてまず

ブルズ以降、どのチームも成し得るなんて思ってもみなかったでしょう。

13422412_199611

明日の試合がどう転ぼうが

72勝という、奇跡に近い数字は達成していて

“あの時のブルズ”と並んでいるのだからもう称賛の他ない。

 

リアルタイムで観戦するもよし、

facebookで速報を待つのも良し。

DubNationの最後の挑戦がはじまるのです!

 

楽しみですね♪

 

さて、

そんなわけで

今日はバスケットボールの神様、マイケルジョーダンの名言集を

ジョーダンの背番号になぞらえて

23個、ご紹介致します。

michaeljordan400

バスケットボールをプレーする選手だけではなく、

ビジネスや様々なシーンで活躍する人たちへ

熱いメッセージとなると思います。

 

1:
成功への鍵は失敗することだ。

2:
今までに9,000ショットミスをした。300ゲーム負けた。
ウイニングショットは26回外した。
失敗して、失敗して、失敗し続けた。

だから私は、成功した。

3:
失敗がモチベーションになる。

4:
失敗を怖れたことはない。

5:
恐怖で身動きが取れなくなる、そういう人がいるのは知っている。
僕にとっては幻想だ。

失敗するから、もっと高いハードルに挑戦できる。

6:
どんなに正しい技術を持ち、倫理的であり、心の準備をしていようとも、
うまく行かないときはある。勉強や仕事、なんでも同じだ。

7:
仕事をすれば成果は出る。人生にショートカットはない。

8:
思い浮かべる中で一番平和な場所が、
ゲーム中のバスケットコートだ。

そこでは迷わない。一歩踏み入れれば、誰も僕を邪魔できない。

9:
コートに入ったら何も考えなくていい。
外で起きた問題は、プレイのあとで考える。

頭のなかはクリアだ。だから良い解決策だって思いつく。
セラピーにも似ている。
リラックスしたり、問題を解決する場所なんだ。

10:
ベンチにいる姿を見せるために、チケットを捌く必要なんてない。
そんなこと家でだってできるだろう。

11:
松葉杖があれば体は支えられる。だけど、
サイドラインに立っている精神力はなかった。

12:
偉大な選手と良い選手の違いは、“ハート”だ。

img_52d6382e884f0b8e8dfa04acbad2c005157839

13:
一度決めたら、もう考えない。

14:
ネガティブな状況を、つねに好転させるんだ。

15:
一度でも諦めたらクセになる。
だから絶対に諦めるな!

16:
大事なシュートを外したら、なんて考えたことはない。

結果のことばかり考えたって、
思い浮かぶのは悪いことばかりだ。

17:
“無理だ”と口にしないこと。

限界や恐怖なんて、ほとんどがただの幻想だ。

18:
偉業を“成す”前に、
まずは自分自身にそれを期待しなければならない。

19:
成功するためには、わがままでいなければいけない。
さもなければ達成はない。

そして、一度頂点に達したなら、人付き合いを大切にしなければならない。
連絡を取り合える状態を保ち、独りになってはいけない。

20:
大学にいる時は、プロのアスリートになる機会があるなんて気づかなかった。

これまで人々の親切を受け取るチャンスに恵まれて、
バスケットボールから離れた生活ができるようになった。

21:
選手たちには、リラックスしてくれと伝えたい。
何が問題かなんて考えないで欲しい。

ただバスケットボールに集中すること。

チャンピオンシップで誰が勝つか?
そんなことを考えているなら、集中力を失っている証拠だ。

22:
エクササイズやトレーニングの時は、いつも疲労を感じている。

目を閉じて思い浮かべるのは、リストに載った自分の名前。

そうすればまた、モチベーションが湧いてくる。

23:
優れた選手を集めていても、勝てないチームはいくらでもいる。

どこも同じなのは、チームの為に犠牲を払う気がないところだ。

面白いことに、個人の成績が落ち、最終的に達成への道が遠のくのは、
犠牲を払わない選手たちだ。

一つだけ信じていることがある。チームに貢献すれば個人の成績も伸びる。
才能があればゲームには勝てる。が、チームワークと知性があれば、
チャンピオンシップに勝利できる。

SuccessBidItemImageView

 

思考の持っていき方ってすごく大事だと思います。

このように考えられるようになるのは時間がかかりますが

このように考えられる選手を育てたいですね。

 

良いマインドを持つために

日々の努力を続けることが大切だと思います。

 

それでは今日はこのへんで。