リオネル・メッシ選手から学ぶこと

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

サッカー界のスーパースターのひとり

リオネル・メッシ選手をご存知ですか?

https://www.youtube.com/watch?v=Bq0WttdsjUA

世界最高峰のリーガ・エスパニョーラ

FCバルセロナで活躍する

アルゼンチン出身の選手です。

 

身長は169㎝。体重67㎏。

 

この体格でありながら

13歳でFCバルセロナに入団し、17歳でトップチームデビューして以降、8度のリーガ・エスパニョーラ優勝、4度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献。自身も5回のバロンドールを受賞し、5回のチャンピオンズリーグ得点王と3回のリーガ得点王を獲得した。(ウィキペディアから引用)

 

この偉業を達成できる背景には

彼の心、行動があります。

 

動画でもわかるように

類まれなドリブルセンスとスピード、テクニック、

ボディバランスを兼ね備えた天才のようにみえますが

 

彼は幼少の頃に

成長ホルモン分泌不全性低身長症

という病気にかかっていました。

 

家族の支えあって身長を伸ばすことはできたそうですが

それでも世界と戦うには不利な体格。

 

そこには持って生まれた才能ではなく、

努力が生んだ成功があるのだと感じます。

 

◎メッシ選手の格言◎

「私にとって大切な事は、相手に対してのリスペクト・謙虚さ・自己犠牲の気持ちです。」

どんなスポーツ選手にとってもこの心が無ければ

万人が称賛する結果は生まれないと思います。

バスケットボールをしていても、この気持ちが無い選手は多いと感じます。

特に日本人はリスペクト(相手を尊重する気持ち)が足りないと感じます。

どんな相手でも全力で挑み、勝っても負けても試合が終わったら握手やハグで「戦ってくれたことへの感謝を示す」こと。

敗者がいるから、勝者がいることを忘れてはいけません。

 

「努力すれば報われる?そうじゃないだろ。報われるまで努力するんだ。」

努力、という言葉をどう考えるかはとても重要だと思います。

いやいや取り組む姿勢は努力とは言いませんよね。

常に目標を見据えて、

達成した時の自分を思い描きながら

今、やるべきことの最善を日々選択して夢中になること

成功への近道だと思います。

 

一流アスリートの心(メンタル)は

社会で成功を収めている一流企業の経営者や

実業家たちと似ていると感じます。

 

「生きる力を育てる」

ダイアモンドバスケットボールスクール

2017年度からの理念です。

 

私たちもバスケットボールスクールを通して

選手たちに心の成長を与えることができればと思っています。

 

大阪府で5校10クラス

4歳~中学校3年生までが通っています。

体験スクール随時受付中!

↓  ↓  ↓

2017年度 ダイアモンドバスケットボールスクール 新規ご入会のご案内

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村