本年もありがとうございました。

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

2021年はまもなく幕切れ、2022年を迎えようとしています。

 

年の瀬なので包み隠さず、ここに記そうと思うのですが

今年は本当に、本当に苦しい1年でした。

 

2020年末から夏にかけて続いたコロナウィルス感染爆発。

いよいよ猛威が最高レベルまで来たかという頃、

ウィルスに対抗するワクチン接種が一般市民にもスピード感をもって実施されました。

 

それも、大規模接種会場だけではなく、各地域体育館。

ワクチン接種会場として閉館のため、当初は6ヶ月の間、

スクール活動を止めなければならないという宣告を受けていました。

大人も子供も本当に大変なことになってしまうと、頭を抱えていました。

 

実際に体育館でワクチン接種を行ったのは3~4ヶ月程度でしたが

非常に長く感じられました。

 

もちろん、緊急事態宣言も飽きるほど喰らい、

会社としては国の力を頼らざるを得ませんでした。

 

今度、どうなってしまうのかわからない状況の中で

「何ができるのか?」「何がしたいのか?」

改めて考えました。

 

そして、コロナが終わったとしても

もう一度このようなウィルスが蔓延した時に

同じことを繰り返すわけにはいかないと

 

少しずつですが色々なことが動きはじめています。

 

苦しい1年ではありましたが

ワクワクを感じる、これからの展開に胸を膨らませる感覚が今はあります。

 

3年後、5年後、10年後に振り返ってみた時に

 

あの時、これが正しいと自分たちを信じて良かったと思えるように

思い描いた形にならなかったとしても

ベクトルは同じ方向へ向き続け進み続けていられるように

 

今は、本当に苦しい状況ではありますが

走り続けることが大切だと思います。

 

来年度、更に進化していく

バスケットボール推進会に、是非ご期待いただきたく思います。

 

日頃から応援して頂いている方々、

恩返しできるよう精進致します。

 

それでは、2022年も

引き続き宜しくお願い致します。

 

良いお年をお迎えください。

 

一般社団法人バスケットボール推進会

代表理事 山口貴久

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください